エスペランサについて

エスペランサのビジョンとミッション

Vision

CPサッカーを通じて相手を尊重するフェアプレー精神を養い、誰もが排除されることなく対等に交わる、自立したプレーヤーであふれる社会を実現する。

Mission

脳性まひ者や肢体不自由児者など、体の不自由なすべての人に、社会参加につながる成長機会を提供する。

これまでの歩みHistory

     
2002年CPサッカークラブ・Esperanza(エスぺランサ)発足
2004年ジュニア(小学生)のチーム練習開始
2007年日本初・CPサッカージュニアカテゴリー(セドナ)の正式発足
2010年助成事業スタート
2012年NPO法人 CPサッカー&ライフエスぺランサ 設立
2013年読売福祉文化賞受賞
アダプテッドスポーツアワード2013受賞
2013年障がい者サッカーカレッジ開校
2014年ライフスキルアップ講座開催
2015年ソサイチ大会スタート
2016年障がい者サッカー情報サイト「Match」開設

現状の課題

  • 障がいが外見から分かりづらく、理解されにくい
  • 人間関係の構築の難しさ(心のバリア)
  • 受動的な生活による、自主性や向上心、
     コミュニケーションの発達不足
課題の解決

これらを解決するためには
自己の力をつけ、自主性を発揮できる場が
必要だと私たちは考えます。

Beyond2020★PROJECT

身体に障がいのある子どもたちに、サッカーを楽しむ機会と成長につながるチャレンジ体験を!

サッカーを通じて、将来の自立をサポートします。