2019.02.15 フレームフットボールがついに日本に上陸!

日本へフレームフットボールを紹介するため、国際脳性麻痺フットボール連盟からサム・ターナー(Sam Turner)氏を招待し2月9日(土) ~ 2月11日(月)の3連休に講習会と体験会を開催しました。

 

2月9日(土)フレームフットボール講習会&体験会

約20名の理学療法士、大学教授、コーチにご参加いただきQ&Aを交えてのフレームフットボールの歴史やルール、現在の普及状況などを教えていただきました。

「フレームフットボールは2014年にイングランドで生まれ、現在はヨーロッパを中心にパラスポーツの一つとして盛り上がっています。フレームフットボールが生まれた背景にはCPフットボールと電動車椅子フットボールの2つしかなく、その中間地点となる3種目目がありませんでした。日常的にフレームを使用している人たちはCPフットボールには付いていけず、電動車椅子では物足りない感じでした。そこで競技用にフレームを開発し、フットボールで使うことを考え付いたのです。

ルールに関してはまさに手探り状態でした。フットボールという基盤はあるものの、選手がどのようにプレーするのか?どういうルールを追加・変更するべきかは実際に試してみるまでは分かりませんでした。外野である監督やコーチの意見も大事ですが、スポーツというのは参加者にとって楽しいことが重要であるため、選手の感想と意見を最優先してルールの策定をしました。フレームフットボールはまだ歴史が浅く可能性も無限大なためルールに関しては随時更新しているところです。」

講習会の後は日本で初めてのフレームフットボール体験会!まずはフットボール用のフレームに慣れるためのちょっとしたエクササイズ。

フィールドを駆け回ってみんなとハイタッチ!

そしてパスとシュートの練習!みんな楽しそう!

そしてそして!みんなが楽しみにしていた実際の試合!

2月10日(日)CPサッカー講習会&意見交換会

日曜日はCPサッカーの講習と意見交換会を行いました。普段とは違うトレーニング方法として、マーカーの上にボールを乗せたり、飛び越えたり、色の違うマーカー毎に違う動きをしたりとみんなで楽しみました。

意見交換会では新しく導入されたクラス分けに関する疑問などをサムさんに直接伝えたり、サムさんからパリのパラリンピックからCPサッカーが外された経緯を聞けました。また、これからのCPサッカーの発展プランについても聞くことが出来ました。

2月11日(月)フレームフットボール講習会&体験会@JFAフットボールデー in 神奈川

障がい者サッカーの5団体(チーム)の選手と中高生がふれあう「JFAフットボールデー」が開催され、その中でフレームフットボールをサムさんが紹介しました。JFAフットボールデーはサッカーファミリーの輪を広げるために、(一社)神奈川県サッカー協会が主催しています。

参加者にはフレームフットボールの紹介の後に実際に体験してもらいました。広く一般の方にフレームフットボールを知ってもらう良い機会になったと思います。

最後になりましたが、今回のフレームフットボールのイベント実現に多大なるご協力を頂いたKnights in White Lycra(ナイツ・イン・ホワイト・ライクラ)様に深く感謝いたします。Knights in White Lycraはスポーツやソーシャルイベントを通じて「get fit & give back」(健康になって社会貢献しよう)の精神のもとに寄付などを行っています。

Knights in White Lycra様のウェブサイトはこちら
https://www.kiwl.net/