ESPERANZAとは

ESPERANZAとは

パラスポーツ界のファーストペンギン

パラスポーツ界のファーストペンギン

エンブレムのモチーフはペンギン。
集団で行動するペンギンの群れの中から
天敵がいるかもしれない海へ
魚を求めて最初に飛びこむ勇気あるペンギンのことを
ファーストペンギンと呼びます。
ESPERANZA(エスペランサ)も、このファーストペンギンのように
常にチャレンジし続けたいという想いを込めています。

エンブレムのモチーフはペンギン。
集団で行動するペンギンの群れの中から
天敵がいるかもしれない海へ
魚を求めて最初に飛びこむ勇気あるペンギンのことを、ファーストペンギンと呼びます。
ESPERANZA(エスペランサ)も、このファーストペンギンのように、常にチャレンジし続けたいという想いを込めています。

エスペランサの目標

肢体不自由児者と健常者が交流するスポーツ普及を通じて相手を尊重するフェアプレー精神を養い、誰もが排除されることのなく対等に交わる、自立したプレーヤーであふれる社会を実現します。

エスペランサの使命

エスペランサでは、脳性まひ者や肢体不自由児者など、障がいのある人に社会参加につながる成長機会を提供していきたいという想いのもと、事業を推進しており、その先に私たちの目指すゴールがあると信じています。

私達について

特定非営利活動法人

CPサッカー&ライフ エスペランサ

〒212-0055
神奈川県川崎市幸区南加瀬3-4-3-202
TEL:044-201-4552
FAX:044-201-4552

【団体概要】
理事:5名
監事:1名
運営会員:10名

【事業内容】
・CPサッカーチーム・ESPERANZAの運営
・肢体不自由児者のライフスキル向上プログラムの企画・立案・実施
・CPサッカー普及のためのイベント・大会の企画・立案・実施

2002 ‣CPサッカークラブ・Esperanza(エスぺランサ)発足
2004 ‣ジュニア(小学生)のチーム練習開始
2007

‣日本初・唯一ジュニアカテゴリー(セドナ)の正式発足
‣第7回CPサッカー全日本選手権大会優勝

2010 ‣サッカースクールスタート
2012 ‣NPO法人 CPサッカー&ライフエスぺランサ 設立
2013

‣読売福祉文化賞受賞
‣アダプテッドスポーツアワード2013受賞

2015

‣第15回CPサッカー全日本選手権大会優勝
‣一般社団法人パラSCエスペランサ設立
‣エスペランサNEXT開所

2016 ‣第16回CPサッカー全日本選手権大会優勝
2017 ‣一般社団法人パラSCエスペランサ・E’sCAFEオープン
2018 ‣第17回CPサッカー全日本選手権大会優勝
2019 ‣第19回CPサッカー全日本選手権大会優勝

関連事業

エスペランサNEXT

障がいのある小学生~高校生を対象とした放課後のサッカー教室ですサッカーの技術だけでなく、サッカーを通じて、ルールを守ること、協調性や自主性など、社会性を養うことを目指した教室です。